'19-04-19 生活保護基準引下げの撤回を求める会長声明
生活保護基準引下げの撤回を求める会長声明




2019年4月19日

全国青年司法書士協議会
会長 半田久之


 当協議会は、15年連続して開催している「全国一斉生活保護110番」をはじめとした生活保護に関連する様々な取組みを実施し、現場で生活に困窮する市民を支援し続けてきた立場から、2018年10月から段階的に行われている生活保護基準引下げに対して、以下のとおり声明を発する。


【声明の趣旨】
 生活保護利用者の現状を無視し、「健康で文化的な最低限度の生活」を維持し得ていない生活保護利用者をさらに追い詰め、市民生活全般の生活水準にも極めて重大な影響を及ぼす生活保護基準の引下げの動きに断固反対し、2018年10月に行われた生活扶助基準の引下げを撤回するとともに、今後予定されている段階的な生活扶助基準引下げを中止すべきである。




声明本文は下記よりご覧ください。

生活保護基準引下げの撤回を求める会長声明 はこちらから。
<< 前へ 次へ >>