'18-02-27 旧優生保護法下における強制不妊手術被害者に関する調査および被害者への謝罪と補償を求める会長声明

旧優生保護法下における強制不妊手術被害者に関する調査および被害者への謝罪と補償を求める会長声明




2018年2月27日

全国青年司法書士協議会
会長 広瀬 隆


 当協議会は、旧優生保護法による被害回復のため、下記のとおり声明を発する。

第1 声明の趣旨
 1.旧優生保護法における強制不妊手術の被害者について、国が正確な実態把握のための調査を行うこ
とを求める。
 2.旧優生保護法における強制不妊手術被害者に対し、国が謝罪と適切な補償を行うことを求める。
 3.旧優生保護法下において、同法にすら基づくことなく、強制不妊手術を実施された被害者について
も、国が実態調査と謝罪、適切な補償を行うことを求める。


声明本文は下記よりご覧ください。


旧優生保護法下における強制不妊手術被害者に関する調査および被害者への謝罪と補償を求める会長声明 はこちらから。

<< 前へ 次へ >>