'15-04-03 生活扶助基準引下げの撤回を求める会長声明
生活扶助基準引下げの撤回を求める会長声明




2015年4月3日
全国青年司法書士協議会
会長 石橋 修


 当協議会は、平成26年まで11年連続で「全国一斉生活保護110番」を実施しており、昨年度は4月と9月の2度にわたる「110番」に、全国から合計537件もの相談が寄せられた。
 当協議会は、生活に困窮する市民を一貫して支援し続けてきた立場から、平成25年より段階的に行われてきた生活扶助基準の引下げに関し、以下のとおり声明を発する。

【意見の趣旨】


 当協議会は、今回行われた3段階目の生活扶助基準の引下げを含め、平成25年8月以来、段階的に行われてきた生活扶助基準引下げの撤回を求める。


声明本文は下記よりご覧ください。

生活扶助基準引下げの撤回を求める会長声明 はこちらから。
<< 前へ 次へ >>