'13-12-17 「全国一斉労働トラブル110番」 ~サービス残業,非正規社員(有期雇用労働者)の賃金差別と闘おう!~ 開催のお知らせ。

【開催概要】

実 施 日:平成25年12月21日(土)

実施時間:午前10時00分~午後7時00分

電話番号:0120(610)787(通話料無料)

相談内容◆労働相談全般(賃金、残業代、解雇等)◆借金問題◆住居問題◆生活保護◆離職者支援制度の紹介◆その他


【開催趣旨】

経済に明るい兆しが見え始めたとはいえ、企業による不当な労働条件の切下げや解雇、賃金の未払いが後を絶たず、雇用はますます不安定さを増しております。


特に、派遣労働者を始めとする非正規労働者の方に対する権利侵害は深刻で、当協議会が昨年に実施した「労働トラブル110番」においても、非正規労働者の方からの相談電話が多数を占めました。


相談内容も賃金未払い、労働条件の切下げ、解雇・雇止めといった労働相談の他にも、会社からの社員寮の退去要求といった住居に関する相談、多額の借金を抱えた方からの相談、さらには生活保護の相談に至るまで非常に多岐にわたっております。また、深刻かつ緊急を要する相談も多数あり、当協議会の会員が早急に法的支援にあたりました。


このような中、政府は規制改革実施計画を閣議決定し、労働者派遣制度を大幅に規制緩和する方向での法改正が目前に迫っている状況です。非正規労働者の中でも特に不安定な立場にある派遣労働者の方がますます不安定な立場に立たされようとしています。


そこで当協議会は、市民の不安に応え、労働者の権利の擁護に資するため、本年も12月21日(土)に、上記のとおり、「全国一斉労働トラブル110番~サービス残業、非正規労働者(有期雇用労働者)の賃金差別と闘おう!~」を開催します。


本110番においては、電話による法的助言をするにとどまらず、特に緊急を要するような相談については、ご希望に応じて、相談者の地元にいる当協議会会員(司法書士)を紹介し、継続的な支援(例えば、雇用主等を相手方とする交渉、訴訟等の法律行為、及び生活保護申請支援などを行ってまいります。


一人でも多くの方のご相談をお待ちしておりますので、積極的にご利用ください!!!


<< 前へ 次へ >>