組織概要

2012年12月17日
【お知らせ】原発事故賠償110番(電話相談会)を開催します!

【開催概要】
開催日時:平成24年12月23日(日)午前10時~午後4時
相談方法:電話(合計8回線)福島・東京の2会場制
電話番号:0120‐538‐280
*電話番号は2会場共通です。
*相談料・通話料は無料。携帯電話による相談も可能です。

福島第一原発の爆発事故の発生から1年9か月が経過しましたが、依然として多くの市民が避難を強制されており、帰宅や帰郷は果たして可能なのか、あるいはその時期はいつになるのか、そもそも戻って生活を再建することが可能なのか、今後の生活が見通せないまま心が休まることのない生活を送っておられることと存じます。
また、避難区域外であっても子どもを抱える世帯を中心に、新たに避難や移住を決断する家庭も後を絶たない中で、反対に避難先での生活の困難からやむなく帰宅を選択する家庭もあるなど、目に見えない放射線リスクが引き起こした市民の混乱や不安や苦痛は、一向に解消される気配がありません。

不動産の賠償に関しては、修復費用等の名目で先頃わずかな建物についてのみ東京電力による一部先行払いが実施されて以降、具体的な手続きの進捗は停滞しております。
当協議会が10月7日に実施した110番では、旧警戒区域内に不動産を所有する福島県外在住の方々からも相談を受けました。これらの方々の不動産の賠償に関しては、相変わらず何らの手当もされておらず、「退職後の移住先が奪われて人生設計が狂ってしまった。」など表面化しにくい被害の声も明らかになっております。

今月より自主的避難地域への追加賠償の手続きが始まりましたが、これにより賠償の打ち切りが予想されるなど、避難生活を続けるご家庭では今後の生活に大きな不安を抱えられることとなることも予想されます。

以上のとおり、被害の実態は多様であり、かつ被害者は全国各地に存在しております。特に福島県外で生活・避難されている場合には、どこへ相談してよいのかもわからず、お一人で悩まれている方々が大勢いらっしゃることと存じます。
当協議会では、そのような不安や悩みを抱えていらっしゃる方々のご相談に応ずるべく標記110番を開催することと致しました。

皆様のご相談をお待ちしておりますので、お気軽にご相談ください。

HOME新着情報組織概要意見書・声明文活動よみもの・資料集リンク会員ページ・ログイン